中古住宅診断(ホームインスペクション)

中古住宅診断(ホームインスペクション)

一戸建てもマンションも

中古住宅を契約する前に行うアネストの中古住宅診断(ホームインスペクション)のご案内です。一戸建てもマンションも対象となっております。多くの場合がご契約前にご利用頂いておりますが、なかにはご契約後かつ引渡し前に診断を希望される方もいらっしゃいます。

床下と屋根裏

中古住宅診断(ホームインスペクション)では、建物の劣化状態の調査が中心ですが、新築時の施工不良も確認を行っております。劣化状態については、築年数相当の劣化具合なのか、築年数よりも劣化が激しいのかがポイントになります。

また購入してすぐに大きな瑕疵があり、その補修工事に大きな費用負担が生じることがないように、リスクを抑えるためにご利用頂いております。床下や屋根裏も診断の対象となりますが、建物によっては点検口等がなく床下や屋根裏を確認できないこともあります。

中古住宅診断

中古住宅診断(ホームインスペクション)の調査箇所・範囲

【建物外部】
基礎、外壁、軒裏が対象です。屋根は敷地上やベランダから目視確認できる範囲で簡易的に調査します。

【建物内部】
玄関・廊下・トイレ・洗面室・浴室・居間(リビング)・台所・居室等の各スペースにおいて、床・壁・天井・建具・設備が対象です。収納内部も対象ですが、所有者が収納内の確認を拒否する場合は除外となります。

床下点検口、天井点検口、小屋裏点検口の内部を確認できるときは対象です。但し、床下及び小屋裏内部へ進入調査を希望する場合、別途オプションとなります。

具体的な調査内容、報告書のサンプル、料金等は以下のページにてご確認ください。

中古住宅診断の各サービス

中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション)    中古マンション建物調査

※アネストの該当ページにリンクしております。

住宅診断の一覧
住宅診断会社・ホームインスペクターの紹介
^