新築住宅診断(ホームインスペクション)

新築住宅診断(ホームインスペクション)

完成済みも建築中も

アネストの新築住宅診断(ホームインスペクション)をご案内致します。新築住宅診断の対象は、完成済みの物件も建築前や建築中の物件も対象となります。いずれも新築工事の施工品質・施工不良の有無を調査し、問題があれば依頼者様へご説明し売主または施工会社へ指摘内容をお伝え致します。

新築ですから、原則として指摘した内容は新築業者の責任と負担において補修等の対応を行うことになります。補修工事の費用負担を買主が負うのかご心配されることがございますのが、そのようなことはございません。

目視と各種の計測機器等を使用して調査を行いますが、目視できない範囲は対象外となります。とはいえ、目視できない箇所に起因する症状が確認されることもあり、そのようなケースの場合には不具合の予測・原因の予測等を行うこともございます。

建売住宅も注文建築も

新築住宅診断は、建売住宅(分譲住宅)も注文建築の家も対象となります。分譲住宅でも、建築中や建築前に契約されることが多いですが、建築中の検査にも対応しております。

注文建築の場合は建築中の検査のご依頼が多いですが、完成後の竣工検査(施主検査)のみへの対応も可能です。検査時期・検査回数についてはお気軽にご相談ください。

新築住宅診断

新築一戸建ての住宅診断(ホームインスペクション)の調査箇所・範囲

以下は完成物件における調査箇所・範囲です。建築中は検査のタイミングに応じて異なります。

【建物外部】
基礎、外壁、軒裏が対象です。屋根は敷地上やベランダから目視確認できる範囲で簡易的に調査します。

【建物内部】
玄関・廊下・トイレ・洗面室・浴室・居間(リビング)・台所・居室等の各スペースにおいて、床・壁・天井・建具・設備が対象です。収納内部も対象です。

床下点検口、天井点検口、小屋裏点検口の内部を確認できるときは対象です。但し、床下及び小屋裏内部へ進入調査を希望する場合、別途オプションとなります。

調査時点で未完成の部分は対象外です。状況に応じて完成後に再検査を依頼することが可能です。

具体的な調査内容、報告書のサンプル、料金等は以下のページにてご確認ください。

新築住宅診断の各サービス

新築一戸建て住宅診断   内覧会立会い・同行

住宅あんしん工程検査

※アネストの該当ページにリンクしております。

住宅診断の一覧
住宅診断会社・ホームインスペクターの紹介
^