住宅診断をした後の注意点(リフォーム業者に要注意)

リフォーム前・中古住宅購入時の住宅診断

住宅診断(ホームインスペクション)はその調査時点での現状を診断するものですので、将来にわたってその状態が継続するものではありません。診断結果に応じた対応(補修・メンテナンス)を考えなければならないこともあります。基本的には住宅購入前やリフォーム前に住宅を診断する方が多いですが、このときによくある問題点について知っておかれた方が良いでしょう。

不動産業界の環境が原因で消費者は住宅診断を求める

住宅診断(ホームインスペクション)の第三者性と業界の問題点のところでも述べておりますように、リフォーム業者は本来であれば不要と言える工事を受注しようとする傾向にあります。全ての業者でないのは言うまでもありませんが、残念ながらそのような業者はかなり多くの数が存在しています。

リフォーム業者のひどさにも程度の差があり、ちょっとした表現・ニュアンスの工夫?(誤認されるような表現等)で必要ない工事を提案することもあれば、全く必要のない無駄な工事を提案するような非常に悪質なこともあります。

住宅診断(ホームインスペクション)をした住宅に対しても、そのような提案をすることが多く、診断結果とリフォーム業者の話が食い違っていることがしばしば見られます。そして、このときの多くがリフォーム業者の間違いもしくは悪意ですので、のせられて不要な契約をしないよう注意してください。

リフォーム業者はその工事をしたい、もしくは工事を追加したいと考えている明らかな利害関係者です。前もって実施しておいた住宅診断が利害関係のない第三者に依頼したものであれば、その立場から第三者の住宅診断に信憑性が持てることが多いでしょう。ただ、住宅診断もその物件を売りたいと考えている不動産業者やその提携先であったならば、どちらを信用してよいかわからなくなります。そういう意味でも、やはり住宅診断は利害関係のない第三者に依頼しなければなりません。

とにかく、リフォーム業者はちょっとした事象を大げさに表現して、補修しなければならないと消費者へ思わせる傾向にあるので、十分に注意してください。住宅診断をしたことのない住宅でリフォーム業者から工事の提案を受けているのであれば、第三者の住宅診断(ホームインスペクション)を検討してみると良いでしょう。

住宅診断の一覧
住宅診断会社・ホームインスペクターの紹介
^