完成検査(引渡し前の内覧会)と補修後の再診断は必要か?

(質問) 新築住宅の完成・引渡し前のタイミングで第三者の専門家に住宅診断をしてもらう予定です。何も問題がなければいいのですが、いくつか指摘があった場合には、治してもらってからもう一度、専門家に診断してもらうべきでしょうか?

住宅診断(ホームインスペクション)に関するQ&Aの回答

購入した新築住宅の完成後、引渡し前の完成検査は内覧会と呼ばれることも多いですが、その内覧会に第三者の専門家(通常は建築士)に立会い検査をしてもらった後のことですね。

内覧会の立会い検査では、全く何の指摘もなく終えることは稀なことですから、基本的にはいくつかの指摘があるものだと考えておきましょう。

その指摘箇所の補修の再診断(再検査)の必要性についてのご質問ですが、それは指摘内容や補修工事の規模・難易度によって判断の異なるところです。しかし、多くの指摘事項とその補修工事後の確認は実はそう難しくはありません。補修後に確認すべき箇所はわかっていますし、やや確認が難しいことであるならば、一度目の診断(内覧会立会い)の際に専門家に確認方法を教えてもらうことも可能です。

全国で大変多くの内覧会立会いサービスをしてきたアネストでも、補修後の確認検査まで希望される方はほとんどおりません。

よって、基本的には必要ないことだと考えてよいですが、ご心配であれば一度目の内覧会のときに専門家に必要性について相談してもよいでしょう。ちなみに、一戸建て住宅における一度目の内覧会への専門家の立会いの必要性は高いといえます。

住宅診断(ホームインスペクション)に関するQ&Aの一覧

住宅診断の一覧
住宅診断会社・ホームインスペクターの紹介
^